ボディピアス|6.鼻ピアス

HOME > ボディピアス > 鼻ピアス

6. 鼻ピアス

鼻ピアスは鼻の形に合ったピアスを使ってピアッシングすることが、快適で美しいピアスを楽しむためのポイントです。正確な場所にピアスを入れるために、ニードルでピアッシングします。麻酔をしてから穴あけをしますので、ピアスを開ける時は無痛です。お洒落の一環として歌手、モデル、海外アーティストの方達が鼻のピアスをされているのを見かけます。当ピアスセンターは鼻の手術をよく行うため、鼻のピアスも専門的に施術しています。痛みに配慮しておりますので、麻酔を打つ際もほとんど痛みを感じないよう細い針にて行っています。そのため痛みが気になる…と言う方も安心して受けていただいています。
鼻のボディピアスの場所に関してですが、鼻のピアスは最も多いのは、ノストリル(Nostril)です。

 
使用するボディピアスで多いのが、ノストリル・スクリュー(Nostril Screw)です。
他にもいろいろ種類があり、バーベル(Barbell)、ビーズリング(Bead Ring)などがあります。

ノストリルのピアス位置ですが、写真のように鼻翼溝(小鼻のゆるいカーブを描くライン)に沿って鼻の穴の長径を一辺とする三角形の頂点が美的ポイントのようです。

少数派ですが、セプタム(Septum) と言う場所に開ける方もいらっしゃいます。セプタムは難易度の高いピアッシングになりますので専門医の施術が望ましいです。

メール相談
 
アネシスオフィシャルサイト
 
アネシス料金表
 
 
アネシス美容外科
 
アネシスブログ